読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記 その2

ザ仏教海賊団から引っ越ししてきました

沖縄へGO

今日は朝早く起きて大学で必要そうなものを印刷して

お昼前には空港へ向けて出発

 

空港内ではチェックインカウンターなどのシステムを

その場でようやく理解する

 

心配していた荷物も機内に持ち込める重さだったので一安心

 

7㎏ってどれくらいなんだろうと昨日から悩んでて

スーパーで7㎏分の飲み物を持って体で覚えたりしたけど

まあとりあえず良かった

 

時間に余裕を持ちすぎた感はあったけど

それも小説を読む良い時間になった

 

伊坂幸太郎の「陽気なギャングは地球を回す」を読んでた

 

伊坂幸太郎の名前はよく聞いてたけど

小説を読むのはこれが初めて

 

どこかで「この人は読んでて快感になる文章を知ってる」

って評価を見たけど、よくわかった

 

テンポなのか、会話のインテリ感なのか

B級映画っぽいセリフ回しなのか

確かに読んでて気持ちよかった

 

まだ半分、ここからどうなるんだろ

 

飛行機の中は窓側の席で外がよく見えた

 

上から雲を見下ろすと、確かに雲の上に乗れそうで

ふわふわして柔らかそうだと思った

 

正直地上から雲を見てて柔らかそうとか思ったことないから

「綿あめみたい」とか「筋斗雲」とかは

飛行機に乗ったことある人の発想なんだろうなと思った

 

そして仮眠ののち無事沖縄に着く

 

飛行機に乗るのは3回目だけど、今までは他の人に付いてくだけで

一人飛行機はすごく不安だったけど何の問題もなくクリア

 

よくやったぞ、俺!

 

チェックインまで時間があったので

夕飯にタコライスを食べたあと国際通りをぶらぶら

 

沖縄っぽいお土産屋さんとかいっぱいあったけど

感想としては「想像よりだいぶ都会」だった

 

沖縄ってこういう感じなんだね、ふむふむ

 

2時間くらいかけて国際通りを端から端まで歩いたあとは

ホテルへ向かう

 

ドミトリータイプのホテルで2段ベッドの上だった

 

寝れればよいと思っていたので

充電もできてシャワーも浴びれて問題なし

 

ドミトリータイプっていう形態に不安があったんだけど

全然快適だった

 

安くても満足できる自分で良かった

 

おわり