読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記 その2

ザ仏教海賊団から引っ越ししてきました

酷評スライド

今日はスライドづくりに励む

 

スライドの作り方もだんだんわかってきて

それっぽいものができた

 

でも作るだけで手いっぱいになって

練習とかはできずに午後からのゼミに臨む

 

そしてコテンパンにされる

 

発表がグダグダなのももちろんだけどスライドすら酷評だった

 

「これじゃダメだよ」って言われたことに対して

怒りとか落ち込んだりとかじゃなくて

 

「あーこんなクソスライド作って

得意げに見せてたの恥ずかしいー!!」

って気持ちが強かった

 

何が「それっぽいものができた」だよー!!

あー恥ずかしいー死ぬー!!

 

その後こういうスライドにしたらいいよっていう例として

稲葉先生他、何人かのスライドを見せてもらった

 

ほほーこういう感じで作ればいいのかー

ってのがわかって良かったというのと

 

完全にすべて手書きっていう個性的なスライドもあって

抑えるとこ抑えときゃなんでもいいんだな

って自信も湧いてきた

 

いくつかの例を見終わったあと

「じゃあ金井君のスライドをもう一回見るけど」

 

ぎゃー!やめてー!公開処刑ー!

 

そんなことも言ってられず「文字が多すぎる」

数えきれないほど言われながらも

無事に(?)終了

 

また明後日発表練習をするのでそれまでに

大幅に改訂しておかなければ

 

ゼミの後は修論を印刷して幾何の先生方に配布する

 

簡単に製本した出来上がりを見ると

なんだかんだ達成感があった

 

教授に渡すと「これで卒業は確定だね」と言われ

なんか寂しい気持ちになった

 

夜は新たなスライドの載せる図をいっぱい作った

 

だんだんペイントも要領をつかんできて

複雑な図形も描けるようになってきた

 

f:id:mochikuro:20170204141115p:plain

 

何なのかはまあ伝わらないとしても

かなり正確に描けて満足した

 

夜の塾では普段と違う生徒と授業

 

前に一度やったことあるけど、それがいつか思い出せないくらい

すごく前にやったっきりの生徒

 

前回は最後の方に笑い袋にみたいになって

何してても授業にならない感じだった

 

そして今回も最後は笑い袋になってた

 

顔を見たら笑うから見ないようにするのに

それでも笑ってしまうという謎現象

 

それが隣の生徒にも感染って3人でゲラゲラ笑ってた

 

もうどうしようもないね、これ

 

でも楽しかったな

 

おわり