読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記 その2

ザ仏教海賊団から引っ越ししてきました

青い目茶色の目

今日はノーブラの日だとか

 

なのでノーブラで登校(当たり前)

 

今日も暑かった

 

関東全域で暑かったし甲府では39℃だったとか

 

多汗症としてはタオルは欠かせない

 

ノートがしなしなってなっちゃう

 

3限は休講だったけどひたすらノート写し

 

BGMは銀杏BOYZ漂流教室

 

銀杏熱が来てるよ

 

5限は教職

 

アメリカの差別教育についてのVTRを見た

 

白人ばかりの小学校のクラスで
「黒人をどう思うか」と聞くことから始まってた

 

そうすると「バカだ」とか
「病気がうつる」とか平気で悪口を言ってる

 

まずアメリカの差別が顕著すぎて驚いた

 

日本人なら「足速い」とかはいうかな

 

とりあえず悪口はまず出ないと思った

 

生徒に話を聞いた後に先生が
「じゃあ差別を体験しましょう」といい始める

 

「青い目の子供は賢くて優秀だけど
茶色の目の子供はダメな子」と言って扱いを変える

 

「青い目の子は優秀だから5分長く遊んでいいわよ」


「茶色の目の子は水飲み場を使ってはいけません」

 

そんな感じで差別されて一日がすぎていく

 

すると仲良かったクラスなのに
「茶色い目!」と言ってバカにする子が表れて喧嘩になった

 

同じ問題を解いても青い目の子は速くて
茶色の目の子は遅くなった

 

次の日、「昨日言ったことは嘘でした。
ホントは茶色の目の子が優秀で
青い目の子はダメな子でした」

 

と言って生徒に昨日と真逆の差別をする

 

すると勉強のできも逆になった

 

最後にみんなに差別されてどう思ったか聞くと
「差別はよくない」っていうようになった

 

「すごく嫌な気分だった」
「差別が気になって勉強どころではなかった」

 

すごい挑戦的で失敗してクラスが
ボロボロになったらどうするの?とは思うけど

 

見てるこっちは考えさせられた

 

すごい授業してるなと思った

 

自分にできるいい授業は何か考えてたけど難しいな

 

教師は大変だ

 

おわり